アップルが、「Apple Music」の料金値下げを検討しているとの情報が掲載されています。

Digital Music Newsの記事によると、アップルに近い2つのソースから、”値下げが真剣に議論されている”、との情報を得たとのこと。

検討されている値下げは次のとおり(米国での価格):

  • 個人メンバーシップ:$9.99 > $7.99 (約20.0%OFF)
  • ファミリーメンバーシップ:$14.99 > $12.99 (約13.3%OFF)
  • 学生メンバーシップ:$4.99 (据え置き)

情報によると、値下げは早ければクリスマスにも実施され、クリスマス前に3ヶ月の無料体験に登録すれば新しい価格が適用されるとのこと。

この値下げがホリデーシーズン用の期間限定のプロモーションなのか、それとも恒久的なものなのかは、記事では明言されていません。

apple_music_discount_1アップルが値下げを検討する理由としては、先日米Amazonが開始した「Amazon Music Unlimited」(月額$9.99、プライム会員は$7.99、Echo利用は$3.99)への対抗が考えられるようです。

信ぴょう性は未知数ですが、音楽のサブスクリプション市場はまさに群雄割拠で、シェア確保のために値下げは十分考えられるのではないでしょうか。