「iPhone 7 (仮称)」のカメラモジュールとされる写真が掲載されています。

問題の写真はNowhereelseが入手したもので、iPhoneの次期モデル「iPhone 7」のカメラモジュールとされるパーツが写っています。

記事では、その外見上の特徴から、iPhone 7は光学手振れ補正に対応している可能性が高い、と分析しています。

下の写真は、iPhone 6シリーズのiSightカメラモジュールと、今回流出したとされる画像(中央)を並べたもの。

iphonee7_camera_module_leak_1

iPhone 6 PlusおよびiPhone 6s Plusのカメラと同じく、4つの切り込みがあることが確認できます。

iphonee7_camera_module_leak_2

光学手振れ補正はこれまで、画面サイズが5.5インチのiPhone 6 PlusとiPhone 6s Plusに限定されており、iPhone 7に搭載されれば、4.7インチiPhoneとしては初めてとなります。