Pokévision (ポケビジョン)」は、『Pokémon GO』で出現しているポケモンを地図上に表示してくれるサービスです。

【追記】規制により使用できなくなりました。「Go Radar (GOレーダー)」をお試しください。

ポケモンGOでは、近くにいる野生のポケモンを表示する機能がありますが、そのポケモンが何処にいるのかは、歩き回って探すしかありません(葉っぱがヒントになるようですが)。

Pokévision」は、ポケモンGOを運営するNianticのAPIにアクセスし、現在地(または指定した場所)の周辺に出現しているポケモンの位置を地図で表示してくれます。

【リンク】Pokévision (ポケビジョン)

「Pokévision (ポケビジョン)」の使い方

ブラウザでPokévisionを開くと、位置情報の利用についてのプロンプトが表示されます。

「許可しない」を選択しても利用できますが、移動しながらポケモンを探す場合は「OK」を選択したほうが便利です。

pokemongo_pockevision_1

許可した場合は、画面右上のコンパスのアイコンをタップすると、現在地が表示されます。

地名の検索窓がありますが、海外のサービスのため、日本語での検索はあまり使えません。

現在地でない場合は、調べたい場所の地図へと移動し、地図をタップしてマーカーを落とせばOKです。

あとは、ポケモンを地図上に表示するには「Click to Find Pokémon Near Marker」をタップすれば、ポケモンが表示されます(更新するには30秒待つ必要があります)。

pokemongo_pockevision_2

それぞれのポケモンには、消滅するまでの時間(タイマー)が表示されています。

表示がかなり小さいので、スマホの拡大(ズーム機能)の使用をお勧めします。

pokemongo_pockevision_3

表示された場所に行って、実際にポケモンを捕獲できたので、情報はある程度信頼できるようです。

一方で、必ずしも全てのポケモンが表示される訳ではなく、例えば「おこう」で呼び寄せたもの等は見えないようです。

また、公式のサービスではないため、サーバーが不安定になったり、また突然終了する可能性もあるので、あくまで補助ツールと思って使用したほうが良いかもしれません。

ポケモンGO の攻略法・最新情報の入手は、無料アプリ『スマートニュース』の「ポケモンGOチャンネル」が便利です。

画面上に並んだタブの右端にある「+」から「ポケモンGO」のチャンネルを追加できます。

スマートニュース /「ポケモンGO」の攻略法をまとめ読み[AD] (iOSAndroid)App Store
ニュース:10.3 MB
無料
開発:SmartNews, Inc.
smartnews_pokemongo_channel_5