アップルが、日本時間の6月14日未明に開催したWWDC16の基調講演で、「iOS 10」を正式に発表しました。

アップルが「Our biggest release.(これまでで最大のリリース)」と称するこのバージョンでは、ロック画面から標準アプリに至るまで、OS全体に渡って改良が加えられています。

基調講演で発表された主な変更・改良点は次のとおり:

  1. ロックスクリーン
    • デバイスを持ち上げるとロック画面が表示される「Raise to wake」
    • ロック画面の通知がインタラクティブに
    • コントロールセンターのデザイン変更
    • コントロールセンターに音楽用の専用ページを追加
    • 「右端からスワイプ」でカメラを起動
    • 「左端からスワイプ」でウィジェットを表示
  2. Siri
    • SiriのAPIをサードパーティアプリに解放
  3. QuickType
    • Siriのアシストによる情報の入力
    • 2つの言語を同時に入力可能
  4. 写真
    • 写真を地図に表示
    • 「Computer Vision」による画像解析(顔・オブジェクト・シーンをを認識)
    • 人工知能で写真をまとめる「Memories」
  5. Maps
    • 操作のサジェスト機能
    • ナビゲーション中の渋滞情報
    • ナビゲーションのリルート
  6. Apple Music
    • デザインの刷新
    • 歌詞の表示
  7. News
    • デザインの変更
    • サブスクリプション(購読)
    • 速報の通知機能
  8. HomeKit
    • 新しい標準アプリ「Home」を追加
  9. 電話
    • ボイスメールをテキストに変換
    • VoIPの着信が電話と同様に
  10. メッセージ
    • カメラと写真のUIを変更
    • 絵文字のサイズを3倍に拡大
    • 絵文字のサジェスト機能
    • テキスト→絵文字の翻訳機能
    • バブルエフェクト
    • インビジブルインク
    • 全画面エフェクト
    • 手書き機能

「iOS 10」のハイライトをまとめた動画も公開されています。

iOS 10のベータ版は本日から開発者向けに公開されており、一般への正式リリースは今秋の予定となっています。

【リンク】Apple – iOS 10 Preview