「iPhone 7・7 Pro(仮称)」の美しいCG予想画像が公開されています。

未発表のApple製品をリアルにレンダリングすることで知られるMartin Hajek氏による作品で、これまでの情報をもとに、iPhone 7・7 Proと保護ケースが描かれています。

いずれのモデルも、サイズは現行機種と変わらず、アンテナ用のラインがより目立たないデザインに変更されています。

iPhone 7は、カメラの位置が隅へと移動。レンズカバーは、現在より大きくなっています。

martin_hajek_iphone7_rendering_1

iPhone 7 Pro(Plusの後継)は、iPhoneで初めてデュアルレンズを採用し、特徴的な横長のレンズカバーを搭載する、とされています。

martin_hajek_iphone7_rendering_2

カメラ以外にあまり大きな変化がみられない中、ユーザーにとって大きな影響が予想されるのが、イヤフォンジャックの撤廃。

このCG画像にも、イヤフォンジャックは描かれていません。

martin_hajek_iphone7_rendering_3

iPhone 7保護ケースにケースに入れたところ。

イヤフォンジャックが無くなることで、本体下の開口部分は、画像のように左右非対称になるのですね。

martin_hajek_iphone7_rendering_4

画像を製作したHajek氏は、両モデルおよびケースの3Dデータも配布しています。

その他の画像および3Dデータは下のサイトからどうぞ。

【リンク】Martin Hajek – IPHONE 7(PRO) 3D MODELS + CASE TEMPLATES