アップルが、iPhoneの2017年モデルで、筐体の素材をアルミからガラスへ変更する、と報じられています。

9to5Macをはじめとする海外メディアによると、KGIのアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が新しいレポートを発表。

その中で、アップルはiPhoneの2017年のモデルでデザインの刷新を行う、としています。

新デザインの詳細は不明ですが、「all-glass (全てガラス)」の筐体で、AMOLED(有機EL)ディスプレイを採用する、とのこと。

アップルはこれまで、iPhoneのデザインを2年毎に刷新してきましたが、この情報が正しければ「iPhone 8 (仮称)」のモデルで変更することになり、そのパターンが崩れることを意味します。

Kuo氏は、この変更の理由として、競合他者のスマートフォンもアルミ製の筐体がほとんどで、差別化が難しくなったことをあげています。

先日の記事で、今秋登場予定のiPhone 7/7 Plus(仮称)では、筐体にあまり大きな変更がみられない可能性が高いことをお伝えしました。

それを踏まえると、アップルは筐体デザインの刷新を、2年毎から3年毎へと変えようとしている、と考えることもできます。

筐体へのガラスの使用は、すでにiPhone 4/4sで実現済みですが、「all-glass」となると落下した場合の壊れやすさなど、解決すべき問題がありそうです。