iPhone SE (仮称)」は、iPhone 5sとほぼ同じデザインとみて間違いないようです。

MacRumorsが、大手アクセサリーメーカー・Spigen(シュピゲン)によるiPhone SE用ケースの画像を掲載。

ケースの形状から推測されるiPhone SE本体のデザインは、フラッシュの形状・ボタン類の位置など、iPhone 5sとほぼ同じようです。

spigen_iphone_se_case_1
image : MacRumors

iPhone SEは4インチ画面の新モデルとして注目されていますが、これまで本体パーツのリークが一切なく、そのデザインについて見解(予想)が一致していません。

先行して販売が開始されているサードパーティ製のケースも、iPhone 5s系とiPhone 6系の2つのデザインが混在しているのは、先日お伝えしたとおりです。

Spigenは、リスクを顧みず発表前に予約を開始する「フライング販売」を行うことで知られています。

今回、s大手アクセサリーメーカーによるケース(中身を含む)の画像が出たことで、iPhone 5s系のデザインであることが、ほぼ確定したといえそうです。

iPhone SEは、2016年3月21日(現地時間)に発表されるとみられています。

【リンク】随時更新:新4インチモデル「iPhone SE(仮)」の記事まとめ