iPhoneの新モデル「iPhone SE (仮称)」には、iPhone 5/5s用のケースをそのまま流用できるかもしれません。

未発表の製品ながら、Spigen(シュピゲン)がiPhone SE向けアクセサリーの予約販売を開始しています。

興味深いのはその商品説明で、対応モデルとして「iPhone 5se / 5s / 5」との記述があります。

iPhone SEのデザインは、以前から「iPhone 5sを若干丸めた」との証言がありましたが、ケースを共有できるほど近い、ということになります。

ケースの調達を始めるのは、アップルからの正式発表を待った方が安全ですが、ひょっとすると既存のケースもそのままiPhone SEで利用できるかもしれません。

【追記】正式に発表された「iPhone SE」のサイズは5sと一致。さらに各種ケースの検証でも互換性があることが確認されたようです。