iPhoneの次期モデル「iPhone 7」に、ノイズキャンセリング機能が搭載されるとの情報が掲載されています。

Fast Companyが得た情報によると、iPhone 7(仮称)は次のような特徴を持つ可能性が高いとのこと:

  • 現行よりも明らかに薄型化
  • ヘッドホン端子を廃止
  • 防水
  • ワイヤレス充電対応

いずれもこれまでの噂を再確認したに過ぎませんが、ヘッドホン端子に関してさらに具体的な情報を掲載しています。

ヘッドホンは、3.5mmステレオ端子に代わりLightniingポート接続へと変更。長年のパートナーであるCirrus Logic社と、新しいオーディオ・チップセットを開発しているとのこと。

また、このオーディオシステムには、Cirrus Logicが2014年に買収したWolfson Microelectronics社のノイズキャンセリング技術を採用。

iPhoneのソフトウェアとLightning接続のヘッドホンにより、音楽再生や通話時に周囲のノイズを取り除く、としています。

優れたノイズキャンセリング機能は、いちど体験すると手放せなくなるほど魅力的な機能ですが、ヘッドホンのみで実現すると、コントロールボックスおよびその充電が必要になります。

iPhoneにこの機能が搭載されれば、そいったデメリットがなくなり、使い勝手が向上するに違いありません。


ヘッドホン端子の廃止という噂を歓迎しない声も聞かれますが、ユーザーにとってデメリットだけではないようです。