アップルが、「iOS 9.3 Public Beta 1」の配信を開始しました。

パブリックベータは、リリース前のソフトウェアをパブリック(一般ユーザ)に公開し、幅広いテスター・環境からのフィードバックを得ることで、品質の向上を目指すプログラムです。

この「iOS 9.3 パブリックベータ 1」には、開発者向けに先行して配信されたものと同じく」次のような新機能・改良が追加されていると思われます:

  • Night Shift (ブルーライト軽減機能)
  • 「メモ」アプリのパスワード保護
  • 「ヘルスケア」アプリの改良
  • 「CarPlay」の機能追加
  • 教育関連機能の強化
    • 「Shared iPad」
    • 教師のための支援機能
    • 「Apple School Manager」

開発途中のソフトウェアのため不具合が発生する可能性があり、試す際は予備のデバイス等の利用をお勧めします。

iOS パブリックベータの導入方法

プログラムへの参加は、iOSデバイスの登録、プロファイルをダウンロード、ベータ版のインストール、というステップが必要となります。

既にパブリックベータを導入済みの端末では、OTAでアップデートができます。

  1. パブリックベータのサイトにアクセスし、Apple IDでログインします。

ios_92_public_beta_1

2. プロファイルをダウンロードし、インストールします。

ios_92_public_beta_2

3. 「設定」からダウンロードとインストールをします。

不具合などは「Feedback」のアプリから送信できます。