iFixitが、「ライトセーバー」の分解レポートを公開しています。

今回入手にしたライトセーバーのスペックは次のとおり:

  • 全長:15.8 cm
  • クリスタル:ブルー アデガン・クリスタル x 1
  • 製造年:22BBY
  • 製造:オビ=ワン・ケノービ

 

ifixit_lightsaber_teardown_1

 

まずはクリスタル・チェンバーを開けるところから。

フォースを用いれば道具は必要ないそうですが、一般人はスパッジャーなどのツールが必要。

ifixit_lightsaber_teardown_2

分解されているのは、オビワンの3本目のライトセーバーで、ブルーのアデガン・クリスタルを1つだけ内蔵しています。

ifixit_lightsaber_teardown_3

スイッチを分解しているところ。

ifixit_lightsaber_teardown_4

安全上の理由から、さらなる分解の前にクランプを留めているネジを外し、「activation stud」を取り除きます。

これにより、ライトセーバーが予期せずオンになることを防ぐことができるとのこと。

ifixit_lightsaber_teardown_5

先端のエミッター、クリスタル・チェンバーの順に分解していきます。

ifixit_lightsaber_teardown_7

アデガン・クリスタルを取り外しているところ。

ifixit_lightsaber_teardown_8

恒例の「修理のしやすさ」の評価は、10段階中の「10」という好成績となっています。

クリスタルの入手が困難なことを除けば、接着剤が使われておらず、また非常に丈夫な素材でできていることが、高評価の理由とのこと。

ifixit_lightsaber_teardown_9

本物の入手は困難なため、実際にはレプリカを使用した、というオチなのでが、かなりリアルな分解レポートですね。

詳細なレポートおよび高解像度の写真は、iFixiitのサイトでどうぞ。

【リンク】iFixit – Lightsaber Teardown