アップルが、iPhoneの次期モデル「iPhone 7(仮称)」に、ヘッドフォン端子を搭載しない、という情報が掲載されています。

Macお宝鑑定団Blogが、信頼できる情報筋からの話として、iPhone 7のいくつかの特徴に言及。

iPhone 7(および7 Plus?)は、iPhone 6s/6s Plusの画面の大きさ・ガラスのR形状を維持しつつ、厚さのみ1mm以上薄型化される可能性が高い、とのこと。

そのためヘッドフォン端子を廃止し、代わりにLightningコネクターを使用する、としています。

付属の「EarPod」も、Lightningコネクター式に変更されるとのこと。

iphone7_rumor_0

薄型化を追求するにあたり、現在のヘッドフォン端子は、すでに限界に近づきつつあり、アップルは特殊な形状の端子の特許も取得しています。

しかしながら、実際にはこの端子は使わず、既に広く普及しているLightingコネクタを採用する方針になったということでしょうか。

この情報が正しければ、サードパーティのヘッドフォンメーカーはLightning化の対応を迫られることになり、ユーザーおよび業界に大きな影響を与えることは間違いなさそうです。

[50%オフ]早川書房創立70周年記念 国内作家作品400冊半額キャンペーン(12/3まで)