アマゾンの「Fire TV Stick」で、iPhoneのコンテンツをテレビで楽しむ方法をご紹介します。

先日アマゾンから発売された「Fire TV Stick」は、テレビのHDMI端子に挿すスティックタイプの端末で、YouTube・Hulu・Netflixの動画、アプリストアのゲームなどを楽しむことができます。

また、商品説明には「iOSの対応アプリでミラーリング可能」とあり、iPhoneやiPadのコンテンツをテレビの大画面に映すことができます。

筆者もApple TVとの比較にと購入してみたのですが、このミラーリングの方法が分かりにくかったので、上手くいった手順を紹介したいと思います。

firetv_stick_iphone_mirroring_1

 

Fire TV StickでiOSのミラーリングをする方法

アップル製品の「ミラーリング」は、ワイヤレス(Wi-Fi)でコンテンツをストリーミングする機能「AirPlay」の一部として提供されています。

Fire TV Stickには「AirPlay」機能が無いため、サードパーティ製のアプリをインストールする必要があります。

1. AirPlay用アプリを購入する

Fire TVのアプリストアでは、AirPlay対応アプリがいくつか販売されていますが、海外での評判などをもとに、「AirReceiver」を選びました。

上のリンクから購入する際、iOSデバイスでは「デスクトップ用サイト」で表示する必要があります(方法はこちら)。

「配信先」にFire TV Stickを指定して購入すると、自動で端末にダウンロードされます。

airplay_app_0

 

2. アプリを起動する

Fire TV Stickの「アプリ」で、購入した「AirReceiver」を起動します。

設定の画面が表示されますが、デフォルトのままで問題ないはずです。

firetv_stick_iphone_mirroring_3

 

3. iOSデバイスからコンテンツをミラーリングする

以上で準備は完了しているので、あとはFire Stick TVと同じWi-Fiに接続しているiPhone・iPadから操作します。

画面下から上にスワイプをしてコントロールセンターを表示し、「AirPlay」をタップして、次の画面で「AirReceiver(AFTM)」を選択します。

firetv_stick_iphone_mirroring_4

「ミラーリング」をオンにすると、iOSデバイスの画面がそのままテレビに表示されます。

オフにすると、写真や動画など再生しているコンテンツのみ表示されます。

firetv_stick_iphone_mirroring_5

AirPlayおよびミラーリングが使えると、iPhoneに保存したコンテンツをテレビの大画面で共有できるので、家族や友人と共有する際に便利です。

また、民放公式の見逃し番組視聴アプリ『TVer(ティーバー)』なども、画質さえ我慢すればテレビで観ることができます。

上の手順が「Fire TV Stick」を購入した方の参考になれば幸いです。