2016年の発売が予想される「iPhone 7(仮称)」について、はやくも有力な情報が伝えられています。

iPhoneの次期モデル「iPhone 6s (仮称)」すら発表されていませんが、最も信頼できる情報源として知られるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、はやくもその次の世代・iPhone 7に関する情報を投資家向けに提供。

それによると、iPhone 7はインセル方式の液晶を搭載し、本体の厚さは6.0〜6.5ミリになるとのこと。

iPhone 6の6.9ミリ、iPhone 6sの7.08ミリ(予想)と比較すると、iPod touch(6.1ミリ)と同等のかなりの薄さということになります。

iphone7_6mm_rumor_1
Image by OVALPICTURE

アップルがiPhone 7の開発に着手していることは想像できる一方、発売まであと1年もある現時点で詳細なスペックが決定しているとは想像し難い面もあります。

いずれにせよ、2016年は2年おきに行われるiPhoneの「メジャーアップデート」の年にあたり、「7」という新しい名称と共に、外観が大きく変わることが予想されます。