iPhone 6s (仮称)は、「Hey Siri」の呼びかけにいつでも応えてくれるようです。

iOSの音声アシスタント機能「Siri」は、ホームボタンの長押しする、または「Hey Siri」と呼びかけることで起動することができます。

「Hey Siri」は「OK Google」のiOS版といったところですが、充電ケーブルを挿している状態でしか機能しない、という大きな制限があります。

Apple Insiderが入手した情報によると、iPhone 6sではこの制限がなくなり、設定すると常時「Hey Siri」が使えるようになるとのこと。

これを実現するには、常時マイクの入力を監視する必要があり、バッテリーへの影響が心配されますが、Andoridの一部端末のように、(省電力の)専用チップで対応する可能性もあるとのこと。

マイクが常にオンになっているのは不気味な気がしますが、プライバシーを重視するアップルのことなので、他のプラットフォームよりは安心かもしれません。

apple_iphone6s_sept9_event_1

また、メディア向けイベントへの招待状は、「Sirfi」を前面に出したデザインで、やはり音声アシスタント機能に関する大きな発表があることが期待されます。

「Siri」は、今イベントの隠れた主役である「第4世代のApple TV」へ搭載されるとの情報もあり、今後の動向が注目されます。

アップルによるメディア向けイベントは、日本時間の本日深夜(9月10日午前2時)から開催され、iPhone 6s・6s Plus・Apple TV 4・iOS 9・watchOS 2、などが発表されるとみられています。

「新型iPhone」の発売日・予約日・料金プランの最新情報は、各キャリアのサイトからどうぞ:
・NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)