iPhoneの次期モデルiPhone 6s (仮称)の画面には、「3D Touch Display」という新技術が搭載されるようです。

iPhone 6s・6s Plusの画面には、Apple Watchや新MacBookにも使われている「感圧タッチ」が搭載されるとみられています。

iphone6s_force_touch_part_leak_3

9to5Macが公開した最新の記事によると、iPhone 6s・6s Plusの画面には、感圧タッチを進化させた「3D Touch Display」が搭載されるとのこと。

「3D Touch Display」では、「タップ」「プレス」だけでなく、さらに強く押す「ディーププレス」が可能になり、押す強さを3段階で識別できるようです。

「3D」という表現は、2次元のタッチパネルに、擬似的に奥行きを追加する、という意味が込められているのかもしれません。

iPhone 6s・6s Plusは、日本時間の9月10日午前2時から開催されるイベントで発表されるとみられています。

「新型iPhone」の発売日・予約日・料金プランは、各キャリアの公式サイトからどうぞ:
・NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)