アップルが、Apple Watchのソフトウェアアップデート「watchOS 2」の配信を延期するようです。

TechCrunchによると、アップルの広報が、「watchOS 2にバグがみつかり、修正に予想外の時間を要している。今日はwatchOS 2をリリースしないが近日中に行う」とコメントしたとのこと。

「watchOS 2」は、Apple Watchが発売されてから初のメジャーアップデートで、ネイティブ・アプリ、ナイトモード、タイムトラベル、アクティベーションロックなど、大幅な機能向上が含まれています。

spigen_apple_watch_stand_s350_1

先日のイベントで、アップルは、9月16日(米国時間)に配信するとアナウンスしたばかりで、延期を行うということは、かなり深刻な問題が見つかったのかもしれません。

watchos2_delayed_1

いずれにせよ、近日中にリリースする予定とのことなので、楽しみに待ちたいところです。

*お知らせ*「iPhone 6s・6s Plus」はいよいよ9月25日(金)に発売。公式サイトでオンライン予約+自宅で受け取りがおすすめ。
・NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)