iPhone 6s・6s Plusに搭載されている「Apple A9」のグラフィクスは6コア構成のようです。

エンジニアリング・コンサルタント会社のChipWorksが、iPhone 6sのチップ「Apple A9」の分析結果を公開

X線写真から、デュアルコアCPU・2GB SDRAMが確認されたほか、GPUは6コアの可能性がある、という報告もしています。

apple_a9_six_core_gpu_1

iPhone 6・6 Plusの「Apple A8」のGPUはクアッドコア(4コア)だったため、6s・6s Plusではコア数が1.5倍になっていることになります。

たしかにアップルの発表では、CPUの性能が最大70%アップのところ、GPUはそれを上回る最大90%、とされています。

GPU性能の向上が著しいのは、コア数の増加が原因かもしれません。

apple_a9_six_core_gpu_3

実際にiPhone 6s Plusで、GPUベンチマークのひとつ「1080p TREX Offscreen Metal」を走らせたところ、iPhone 6や6 Plusを大きく引き離していることが確認できました。

apple_a9_six_core_gpu_4

アップルは、テクニカルなスペックをあまり前面に出さないため、今回のようなサードパーティによる分析が重要な情報を提供してくれます。

GPUコアが4個から6個に増えたことが、新しいiPhoneのグラフィクス性能が大幅向上した大きな要因とみて間違いなさそうです。


iPhone 6s・6s Plusの購入・機種変更・MNPは、各携帯会社の公式サイトからどうぞ。
NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)