Anker(アンカー)が、新しいUSBソーラーチャージャー『PowerPort Solar』シリーズを発売しました。

この製品は、USBパワーの出力端子が付いた折畳み式のソーラーパネルで、iPhoneをはじめとするスマートフォン、タブレット等の電子機器を、太陽の力で充電できるアイテムです。

2つの出力ポートは「PowerIQ」に対応しており、デバイスに最適な電流を出力します。

anker_powerport_solar_1

以前レビューを掲載した『Anker Solar Charger 14W』の後継モデルにあたり、エネルギー変換効率の高いパネルの使用、軽量化、最大出力のアップなど、全般的に性能が向上しています。

anker_powerport_solar_2

バリエーションは、パネル数が2枚の「PowerPort Solar Lite(15W)」と、3枚の「PowerPort Solar (21W)」の2つがあります。

anker_powerport_solar_3

旧モデルと新しい2モデルを比較したのがこちら。

Anker ソーラーチャージャー比較
Solar Charger(旧) PowerPort Solar Lite PowerPort Solar
発電量 14W 15W 21W
最大出力 2.0A 2.1A 3.0A
PowerIQ 対応 対応 対応
重量 790g 350g 420g
価格 5,499円 4,599円 5,999円

旧モデルと比べると、出力アップもさることながら、軽量化がかなり進んだことがわかります。

また価格も手頃で、とくに21Wモデルのコストパフォーマンスが高いと思います。

ソーラーチャージャーを検討している方は、チェックしてみてはいかがでしょうか