既に本格的な生産が始まっているとされる「iPhone 6s (仮称)」のフロントパネルを撮影した画像が掲載されています。

写真はフランスのサイト・nowhereelse.frが掲載したもので、フロントパネルの生産ラインで撮影されたようです。

写っているのはホワイトのみで、現行モデルからの変更はとくに認められません。

デザインに大きな変更がないことは、既に流出しているバックパネルから判明しており、今回のフロントパネルでそれが確認されたことになります。

iphone6s_fornt_panel_leak_1

次期iPhoneは、デザインこそ変わらないものの、性能・機能面での進化が期待されています。

そのひとつが、タッチパネルを押す強さを感知する「Force Touch」で、iOSのUIやゲームなどへの応用が考えられます。

iphone6s_fornt_panel_leak_2

iPhone 6sおよび6s Plusは、既に本格的な製造に入っているとされ、年内に8,500〜9,000万台を生産するとみられています。

iphone6s_fornt_panel_leak_3

次期iPhoneは、「Force Touch」の他にも、3Dトランジスタ技術を使った「Apple A9」、現行の倍となる2GBのRAM、Apple Watchと同じ「7000シリーズ」アルミ合金、新色ローズピンクの追加、などの情報が流れています。

「新型iPhone」の発売日・予約日・料金プランは、各キャリアの公式サイトからどうぞ:
・NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)