アップルが、iPhoneの次期モデル「iPhone 6s・6s Plus (仮称)」において、過去最大規模の製造を行うようです。

WSJによると、アップルがサプライヤーに対しiPhone 6sとiPhone 6s Plusを年内に8,500万〜9,000万台の発注を行うとのこと。

この数字は、好調だったiPhone 6・6 Plusの7,000万〜8,000万台を上回る過去最高を記録することになります。

iphone6s_to_be_thicker_1

記事では、次期モデルに関して、「Force Touch」機能の搭載、新色(ローズピンク)の追加、などが予想されるとしてます。

また、過去最大規模の生産数をこなすため、これまでのFoxconnとPegatronに加えて、Wistronも製造に参加する可能性があるようです。

昨年の新モデル投入時は、製造上の問題や予想を上回る需要により品薄な状態が続きました。

その反省から今回は生産体制を強化し、十分な在庫を用意する計画なのかもしれません。

「新型iPhone」の発売日・予約日・料金プランは、各キャリアの公式サイトからどうぞ:
・NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)