Anker(アンカー)の『Ultra Slim Battery Case for iPhone 6』を購入し、試してみました。

バッテリーと保護ケースを一体化したこの種の製品は、

  • ケーブルやバッテリーを別途持ち歩く必要がない
  • ボタンひとつで給電が可能

といったメリットある一方で、

  • 重量・サイズの増加
  • 使用できるイヤフォンに制限がある(アダプタで回避可)

などのデメリットもあります。

この『Ultra Slim Battery Case for iPhone 6』は、薄型 ・軽量の設計によって、バッテリーケースのデメリットを軽減しているのが特徴。

ケースの内部にLightningコネクターを搭載しており、もちろんAppleのMFi認証を取得しています。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_15

付属品は充電・同期用のmicroUSBケーブルとイヤフォン用のアダプタの2点。

USBケーブルは、長さが約25cm程度とかなり短めです。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_02

ケース本体は、上の部分で2つに分割する一般的な構造。

着脱する際は上のピースを外し、ケース内側にある溝に沿ってiPhone 6をスライドさせます。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_03

ケースの内側にLightningコネクターがあり、装着するとiPhone 6に常に挿さっている状態になります。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_04

iPhone 6に装着したところ。

スペックによると、iPhone 6単体よりも厚さ約5mm、重量が82g増えるとのこと。

ケースの素材は衝撃に強いポリカーボネートで、表面は艶消し(マット)仕上げです。

艶消し加工のケースは、滑りにくく見た目も高級感があるのですが、ものによって皮脂が溜まってギラギラしたり、表面が剥がれてくるものもあったりします。

今回は使い始めて間もないため、その辺りの検証はできていません。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_09

実際に手にとってみると、背面がカーブしていることもあり、思いの外しっくりきます。

成人男性の平均よりやや小さい筆者の手でも、しっかりとホールドできる気がします。

もちろん、iPhone 6単体と比べると明らかに重く・大きくなるのですが、普段ケースを付けて使用しているひとであれば、それほど違和感なく使えるかもしれません。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_07

カメラとフラッシュの穴は、ギリギリまで小さくしているようです。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_08

構造上、iPhone 6スピーカーとマイクが隠れてしまうのですが、グリル付きの窓があり、機能を損なうことはありません。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_05

内蔵バッテリーの充電および同期は、付属のmicroUSBケーブルで行います。

4つのLEDライトで、充電の進捗および残量がわかります。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_10

バッテリーの容量は2,850mAhで、iPhone 6を1.2回分(120%)チャージできるとのこと。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_11

イヤフォンのプラグまで距離があり、また穴の大きさの関係で、アダプターが付属しています。

多くのバッテリーケースが採用している方式で、構造上致し方ないとはいえ、不格好かつ煩雑な気がしてなりません。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_13

裏ワザというほどではありませんが、純正のイヤフォンであれば、下のように先にiPhoneに挿した状態で、ケースを装着することで、アダプタ無しも使用することができます。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_12

Ankerの製品は、高品質かつ低価格なところが魅力ですが、このバッテリーケースも例外ではないようです。

例えば電源のボタン(写真下)。

押せれば何でも良さそうですが、電源の刻印があり、かつマット加工を施してあるなど、細かなところまで作り込んであります。

anker_ultra_slim_battery_case_iphone6_06

バッテリーケースにはメリット・デメリットがありますが、自分のニーズに適合していれば、便利なアイテムであることは事実です。

価格は4,999円(税・送料込)で、平均的なMFi対応製品よりもリーズナブルに設定されています。