時計やスマートウォッチに関するサイト・UTDESIGNで、3Dプリンターで出力したApple Watch用の充電スタンドが掲載されていました。

このスタンドは、iPhoneとApple Watchを並べて同時に充電できるというもの。

横から見ると、下の写真のように20度ほどの傾斜を持たせてあります。

utdesign_3dprinted_apple_watch_stand_2

Apple Watchのチャージャーはこのように埋め込む仕組み。

バンドを入れる穴が上下にあり、充電器のマグネットの力と相まって、しっかりと固定されそうです。

utdesign_3dprinted_apple_watch_stand_3

3Dデータのスクリーンショット。

このデザイン(寸法出し〜モデリング)を、昼休みの1時間で完成させたというから驚きです。

utdesign_3dprinted_apple_watch_stand_4

3Dプリンターに出力する際の画面。

一度に造形できるサイズのギリギリだったようです。

utdesign_3dprinted_apple_watch_stand_5

作者の方が、

… 合板をレーザーカット(もしくはアクリル板切削)した方が似合いそう…

といっているとおり、ウッドや透明なアクリル素材を使えば、このまま商品化できそうです。

utdesign_3dprinted_apple_watch_stand_1

デザインのセンスや3Dモデリングの技術が必要ですが、短時間でこのような作品を生み出すことができる、3Dプリンターの可能性を改めて実感した気がします。

作品の詳細および他の画像は下のリンクからどうぞ。

【リンク】UTDESIGN – Apple Watchスタンドを3Dプリント出力してみた