フォーカルポイントから発売された、Lightningケーブルの新製品『TUNEWEAR CableArt ランタン』を試してみました。

カラーバリエーションは「ブラック」と「レッド」との2色。

写真のレッドは自費で購入したものですが、ブラックはレビュー用サンプルとして販売元から提供されたものです。

tunewear_cableart_lantern_1

アップル社が定める性能基準を満たしていることを保証する「MFi認証」を取得済で、安心して利用できます。

また、2.4Aの高出力にも対応しており、タブレットなどの急速充電にも使えます。

tunewear_cableart_lantern_3

製品名にもあるとおり、「ランタン」をイメージしたデザインで、外観からはLightningケーブルであることはまず判りません。

tunewear_cableart_lantern_8

ケーブルには、絡まりにくいファブリック素材を採用。

適度なコシと固さがあり、写真のように直立させることもできます。

tunewear_cableart_lantern_4

本体は柔らかいシリコン製。

カバン等にぶら下げて携帯しても、キズを付ける心配がありません。

tunewear_cableart_lantern_5

下から見たところ。

LightningおよびUSBの端子はこのように収納されています。

tunewear_cableart_lantern_11

Lightning端子の側に特殊なロック機能があり、本体から抜き出すことができます。

tunewear_cableart_lantern_7

使用する際は、下のようにLightning端子を一旦本体から出して、90°回転させてから引き抜きます。

収納はこの逆の手順。

cableart

ケーブルの長さは約18cmで、外出先でモバイルバッテリーから充電するに、ちょうど良い長さかもしれません。

Lightning端子の樹脂部分はコンパクトなので、よほど特殊なケースでないかぎり干渉することはないと思います。

tunewear_cableart_lantern_6

実際に充電しているところ。

写真では本体を真ん中に置いていますが、自由に動かせるので、邪魔であればバッテリー側に寄せておいくこともできます。

tunewear_cableart_lantern_10

バッグにぶら下げてみたところ。

端子を収納した状態では、ケーブルの反発力と本体内の摩擦によって固定されるので、自然に外れて紛失してしまう、という心配は必要ありません。

tunewear_cableart_lantern_2

価格は3,218円(税込)。

充電ケーブルらしくないデザインのため、バッグやキーチェーンに付けていると、自分もその存在を忘れてしまいそうになります。

外出先での充電用として、または万一のための保険としていかがでしょうか。