Spigen(シュピゲン)から発売された、Apple Watch用の充電スタンド『S330』を購入してみました。

Apple Watchを購入すると、充電という「日課」がもれなくついてきます。

その日課をよりスマートに、便利にしてくれるのが、専用の充電スタンドです。

いくつかの製品を予約しておいたのですが、最も早く届いたのがこの『S330』。

spigen_apple_watch_stand_s330_01

スタンド本体はアルミニウム製で、iMacのデザインを彷彿とさせるシンプルなデザインです。

表面は梨地の加工が施され、見た目にも美しく、指紋も付きません。

spigen_apple_watch_stand_s330_02

底面にはデスクへのキズ防止と安定させるためのパットが付いています。

spigen_apple_watch_stand_s330_10

Apple Watchを置く部分は固いラバーのようなTPU素材を使用し、ケースがアルミに接触してキズが付くことを防いでくれます。

この丸い穴に純正の充電端子をはめ込む仕組みです。

spigen_apple_watch_stand_s330_03

下からみたところ。

内側がリブ状になっており、充電端子をしっかりと固定することができます。

spigen_apple_watch_stand_s330_05

実際に充電端子をはめてみたところ。

「Sport」の樹脂製端子と「Apple Watch」「Edition」の金属製端子の両方に対応しています。

spigen_apple_watch_stand_s330_04

支柱の穴からケーブルを引き出すと、よりiMacっぽい印象になります。

spigen_apple_watch_stand_s330_06

Apple Watch 42mmを置いてみたところ。もちろん38mmのモデルにも対応しています。

腕から外して置くだけでよいので、「充電する」ということを強く意識する必要がなくなります。

spigen_apple_watch_stand_s330_07

使ってみると、スマートな充電器としての機能はもちろんですが、「Apple Watchの定位置」ができたことが一番の変化でしょうか。

現在はデスクに置いていますが、ベッドサイド用の追加も検討しています。

spigen_apple_watch_stand_s330_08

上品なデザインといい、機能性といい、純正品として販売されていてもおかしくない、といったら褒め過ぎでしょうか。

実売4,000円前後と他のスタンドと比べても安価で、コストパフォーマンスもよいと思います。

Apple Watchの充電環境を改善したい方にお勧めします。