水回りでも使えるワイヤレススピーカー『Omaker M4』を購入してみました。

水や衝撃に強い設計で、アウトドアからお風呂・キッチンまで、幅広いシーンで使えるのが特徴のスピーカーです(下はメーカーによるCG)。

omaker_m4_sale_2015may_0

機能性もさることながら、この価格帯にしては音質も良好で、コストパフォーマンスにも優れています。

簡素ながらきちんとした箱で到着。日本語のマニュアルも入っているので安心です。

omaker_m4_speaker_review_4

付属品は、充電用のmicroUSBケーブル、有線接続用のオーディオケーブル、ハンドストラップ、の3点です。

omaker_m4_speaker_review_5

サイズは81 x 81 x 45(mm)とコンパクトで、手のひらに乗る大きさ。

アマゾンのページにある322gという重さはおそらくパッケージ全体のことで、本体を計測したところ165gでした。

カラーバリエーションは、「オリーブグリーン」と「オレンジ」の2色のみ。

利用目的がお風呂に限られているひとのために、「ホワイト」があると良い気がしました。

omaker_m4_speaker_review_3

本体の右上にあたる部分にストラップホールがあります。

アウトドアで枝から吊るしたり、シャワーにぶら下げたりと、ストラップがあると置き場所の自由度が広がります。

omaker_m4_speaker_review_2

防水性能は「IPX4 (防沫形)」で、雨があたったり水しぶきがかかる程度ならOK、というレベル。

端子類のカバーもわりと簡単に外れるので、水中に沈めるようなことは想定していないようです。

説明書によると、充電時間は約3時間。再生時間は、80%の音量で約12時間、100%で約6時間とのこと。

omaker_m4_speaker_review_7

接続はiOSデバイスのBluetoothをオンにし、「OMAKER M4」を選択するだけ。パスコードの入力も必要ありません。

接続すると、iOSデバイスからスピーカーの電池残量を確認できるので、充電のタイミングをはかることができます。

omaker_m4_speaker_review_8

操作ボタンは、「電源」「通話」「音量+」「音量ー」の4つのみ。

音楽再生時は、「通話」で一時停止。

音量ボタンを短く押すと、曲送り・曲戻しができます。

omaker_m4_speaker_review_6

音質については、アマゾンのレビューなどで評価されているとおり、まずまずといったところ。

この価格・サイズでありがちな、低音がスカスカ、高音が鮮明でない、ノイズがのる、といったこともなく、バランスがとれています。

また、防水を謳うスピーカーは、その性質上、音が籠ってしまうものですが、それもあまり感じられません。

omaker_m4_speaker_review_10

製品の方向性は異なりますが、同じ価格帯・サイズのスピーカー『Anker A7908』とスペックを比較してみました。

聴き比べたところ音質はさほど変わらないので、デザイン・再生時間ならAnker、水回りやアウトドアで使うならOmaker、という感じでしょうか。

omaker_m4_speaker_review_9

Omaker M4 Anker A7908
防水性能 IPX4 無し
耐衝撃性能 有り 無し
Bluetooth 4.0+EDR 4.0
バッテリ容量(mAh) 1,500 2,100
充電時間 約3時間 約5時間
再生時間 最大12時間 最大20時間
カラー 2色 3色
サイズ(mm) 81x81x45 80x80x60
重量(g) 約165 約280
価格(円・税込) 3,599円 3,499円

レビューを掲載およびお蔵入りしたものを含めると、それなりの数のスピーカーを試してきましたが、この性能で3千円台とは、随分と価格がこなれてきた感があります。

音質を求めると1〜2万円台になってしまうのは以前と変わりませんが、お風呂や台所で楽しむのならこのクラスで十分かと思います。