Apple Watchの「隠しポート」は、充電にも対応していることが判明したようです。

Apple Watchには、バンド(下)の受け口の中に、アップルがその用途を公開していない「隠しポート」が存在することが知られています。

apple_watch_hidden_port_charging_1
image: iFixit

6ピンのこのポートはカバーで覆われ、通常は使用できない状態になっていることから、アップルがメンテナンス用に利用する「診断ポート」ではないか、との予想もあります。

apple_watch_hidden_port_charging_2

謎に包まれたこのポートについて、Apple Watch用のバッテリー内蔵バンドを開発中の「Reserve Strap」が分析を行い、充電に対応していることを確認したとのこと。

Apple Watchに付属している充電器は、電磁誘導による非接触(端子がない)方式を採用していますが、有線による充電も可能ということになります。

apple_watch_hidden_port_charging_4

また、隠しポートを利用した充電は、通常の電磁誘導式に比べ充電の速度が速いとのこと。

この分析に基づき、Reserve Strapは開発中の「バッテリー内蔵バンド」のデザインを、このポートを利用する方式に変更すると発表しています。

apple_watch_hidden_port_charging_3

同社はUS$250(約30,000円)での販売を予定しており、現在サイト上で予約注文を受付けています。

そもそもアップルが情報を公開していないポートのため、カバーを外して充電に利用した場合、保証の対象外となる可能があります。

また、アップルがWatch OSのアップデートを行い、ポートの利用を無効にすることも考えられます。

その一方で、将来的にはアップルがこのポートを解禁すれば、アクセサリーによる拡張性が高まる可能性を秘めており、今後の動向が注目されます。