42mmのApple Watchには、38mmよりも容量が多い246mAhのバッテリーが内蔵されていることが明らかになりました。

既にお伝えしているとおり、iFixitの分解により、38mmのApple Watchには容量205mAh (3.8V 0.78Whr)のバッテリーが内蔵されていることが判明しています。

【関連記事】iFixit、「Apple Watch Sport」の分解写真を公開

ifixit_apple_watch_teardown_05
image: iFixit

分解された38mmのApple Watchの中身をみると、バッテリーがかなりのスペースを占めていることがわかります。

よってケースが大きい42mmには、より大きなバッテリーが内蔵されていることが予想されます。

apple_watch_42mm_battery_246mah_1
image: iFixit

実際、Appleは両サイズのバッテリー持続時間について、42mmの方が長い、と明言しています。

【関連記事】Apple Watchのバッテリー持続時間は「42mm」モデルの方が長い

apple_watch_battery_size_3
image: Apple

しかしながら、iFixitの分解は38mmケースで行われたもので、42mmのバッテリー容量について触れておらず、どのくらい違うのは不明でした。

そこで情報を収集したところ、teardowns.comというサイトに、以下のような42mmの分解写真が掲載されていました。

apple_watch_42mm_battery_246mah_2
image: teardowns.com

バッテリーの部分を拡大すると、3.78V 0.93Whrと表記されていることが確認できます。

「mAh」の表示が隠れていますが、容量は約246mAhであることがわかります(0.93Wh÷3.78V)。

32mmケースが205mAhなので、ちょうど20%容量が多い計算になります。

apple_watch_42mm_battery_246mah_3
image: teardowns.com

42mmの方が画面が大きいぶん消費電力も多いはずなので、単純に持続時間も20%増える、というわけではありません。

しかしながら、アップルが主張する「42mmの方が通常長く持続する」ということが、両サイズのバッテリーの容量によって裏付けられたことになります。