アップルが、サードパーティがAople Watch用に「時計アプリ」を公開することを禁止するようです。

複数の海外サイトが伝えたところによると、アップルがApp Storeの審査に関するガイドライ」に以下の項目を追加したとのこと。

10.7 Watch Apps whose primary function is telling time will be rejected
(時計の表示を主な目的としたWatch Appはリジェクトする)

apple_to_ban_watch_only_apps_2

App Storeには、iOSデバイスを置き時計として使う「時計アプリ」が多く存在しています。

それらが今後Apple Watchに対応していくことは至極当然ですが、この項目により禁止されることになります。

他のスマートウォッチに目を向けると、例えばApple Watchに先立ち販売された「Pebble」では、サードパーティが文字盤を公開するための仕組みが用意され、ユーザーは幅広いデザインから自由に選択することができます。

apple_to_ban_watch_only_apps_1

また、Android Wareでも、開発者に「Watch Face API」が公開されており、カスタマイズした文字盤を公開することができます。

apple_to_ban_watch_only_apps_3

現状Apple Watchの文字盤は選択肢が少なく、カスタマイズへの潜在的な需要は相当あると思われます。

アップルの真意は不明ですが、将来的には文字盤のデザインを自由に選べるようになることを期待したいところです。