あと5日もすれば恒例の「バラし」が掲載されるはずのApple Watchですが、一足早くその部品構成をレンダリングした画像が掲載されていました。

これらの画像は、Apple製品の緻密な3Dレンダリングで知られる、デザイナーのMartin Hajek氏の作品。

未発売の製品のため、実物ではなくアップルが公開している動画をもとに、パーツの3Dモデルを作成したとのこと。

apple_watch_components_3dmodel_1

この3Dモデルから「Apple Watch 42mm」をレンダリングしたもの下の画像。

いつもながら、実物と見間違えそうなリアルな出来映えです。

apple_watch_components_3dmodel_2

プロセッサーやサブシステムをパッケージ化した「Apple S1」チップ、デジタルクラウン、サイドボタンを外したところ。

apple_watch_components_3dmodel_3

背面のパネルと、そこに埋め込まれたLEDと心拍センサーの部品。

こうしてみると、異なる素材の細かなパーツから構成されており、隙間から水分などが侵入しないか、ちょっと心配になります。

apple_watch_components_3dmodel_4

3Dでみると、各パーツのサイズ感もイメージしやすくなります。

バッテリーのサイズは思ったよりも小さい印象。

あれだけの機能を小さな筐体に詰め込んでいるので、無理もない気もします。

apple_watch_components_3dmodel_5

完全にバラしたところ。

ケース内側の質感にいたってはまるで本物のようです。

apple_watch_components_3dmodel_6

これら画像の元になった3Dモデルはで販売されています。

興味のある方はこちら下のリンクからどうぞ。

【リンク】TurboSquad – 3D Apple Watch Component Model