Apple Watchのバッテリーは、1,000回以上充電できるように設計されているそうです。

消耗品であるバッテリーは、使用回数・環境によって、徐々に性能が低下していきます。

アップルが公開している「Battery Service and Recycling (バッテリーのサービスとリサイクル)」によると、Apple Watchのバッテリーは、「フル充電サイクル」を1,000回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されているとのこと。

apple_watch_charge_cycles_3

「フル充電サイクル」とは、バッテリーの容量100%分を使い切ることをいいます。

細切れに充電と使用(放電)を繰り返した場合でも、合計して100%の容量を使った回数を1回としてカウント。

例えるなら、瓶ビールをコップに継ぎ足しながら飲んだとき、注いだ回数(=充電回数)ではなく、飲んだ本数(=充電サイクル)を数えるのと似ています。

 

apple_watch_charge_cycles_1

保証期間が過ぎた後に、バッテリーの交換が必要となった場合は、有料(9,800円+税)で新しいものに変えることができます。

apple_watch_charge_cycles_2
image via iFixit

 

ちなみにアップルの他の製品では、最大80%を維持できる目安は次のようになっています:

  • iPod:400回
  • iPhone:500回 (なぜか日本語サイトは1,000回と表示)
  • iPad:1,000回
  • MacBook:1,000回

1,000回というと、毎日1サイクルしたとして約2年9ヶ月。

それだけ使用しても、最大80%の性能が維持される設計になっているのは、なかなか優秀ではないでしょうか。