Apple WatchをARで体験することができるアプが公開されたので試してみました。

このアプリは、AR(拡張現実)を使って、未発売のApple Watchを実際に身につけているような体験ができるというものです。

用意されているマーカーをダウンロード・印刷し、切り取って腕に貼付けます。

ar_apple_watch_2

アプリを起動してマーカーにかざすと、下のようにApple Watchが3Dで表示されます。

ar_apple_watch_3

表示されるモデルは「Apple Watch Sport」のみ。サイズは「42mm」のようです。

画面をタップするとカラーを変更でき、試着している気分を味わえます。

ar_apple_watch_4

手にもってみたところ。

実際にはマーカーなので重さは感じませんが、なかなかリアルで本物を手にしているような錯覚を覚えます。

ar_apple_watch_5

残念ながらこのアプリはApp Storeで公開されておらず、開発者のサイトからダウンロードして直接インストールする必要があります。

起動すると「信頼されていないAppデベロッパ」という警告が表示されます。

悪意のあるプログラムが含まれている可能性もあるので、ご利用は自己責任で。

ar_apple_watch_1

このアプリを使わずとも、4月10日よりアップルストアで試着ができるようになるため、それを待った方が得策かもしれません。