Apple Watchはモデルによって価格に開きがあることが話題になりましたが、「重さ」もかなり異なることはあまり知られていないかもしれません。

Apple Watchは、ケースのサイズと素材・付属のバンドの組み合わせにより、38種類のモデルがあります。

最も軽いモデルは「Apple Watch Sport 38mm ブラック」で、バンドを含めた総重量が62g。

一方、最も重いのは18Kゴールドのモデルではなく、ステンレスの「Apple Watch 42mm リンクブレスレット」で125gもあります。

同じApple Watchでも、約2倍の開きがある計算です。

apple_watch_weight_1

125gという重さは、iPhone 6が129gとほぼ同じ、と考えるとイメージし易いかもしれません。

iPhone 6を常に腕にはめることになるので、それなりの覚悟が必要となりそうです。

もっとも、高級時計の世界ではこのクラスの重量は珍しくないので、重過ぎて実用にならないというレベルでは無いはずです。

apple_watch_weight_00

また、同じ素材のバンドでも、重さが異なるものがあります。

「Apple Watch Sports」のバンドは、なぜか色によって重さが違います。

38mmのバンドの場合、最も軽いのはブラックの37gで、最も重いホワイトは47gもあります。

混ぜてある染料による違いなのでしょうか。

apple_watch_weight_2

Apple Watchを選ぶ場合、ケースのサイズと価格ばかりに目が行きがちですが、常に身につけるものだけに、重さも重要なファクターといえそうです。

4月10日の発売日から、店頭での試着も始まるので、できれば購入前にいちど試してみた方がよいかもしれません。