「Apple Watch」には、バッテリーの消費を節約する「省電力モード」が搭載されているようです。

「Apple Watch」のバッテリーは、一日持つか持たないかという程度で、毎晩充電する必要があるといわれています。

気になるバッテリー性能について、New York Timesの記事に次のような記述がありました。

… The company also developed a yet-to-be-announced feature called Power Reserve, a mode that will run the watch on low energy but display only the time, according to one employee..
(アップルの社員によると、Apple Watchには未だ公にされていない「Power Reserve」という時計表示だけに機能を絞った省電力モードがある)

apple_watch_power_reserve_mode_1

スマートフォンと同様に、ヘビーに使えば駆動時間は1日よりも短くなることが予想されます。

よって夜中にフル充電しておいても、使い方次第では日中にバッテリー切れすることも考えられます。

時計表示だけの「省電力モード」にすると、スマートウォッチではなくただのウォッチになってしまいますが、バッテリーを温存したいときに使えるかもしれません。

この辺りを含め、Apple Watchに関する詳細・発売日・価格などは、3月9日(日本時間翌10日未明)に開催されるイベントで明らかになるはずです。