Apple Watchの「隠しポート」が、本日公開されたプロモーション動画内に映っていることが判明したそうです。

先日もお伝えしたこのポートは、アップルの商品説明には登場しない謎の端子とされています。

場所は本体下側のバンドを取り付ける溝の中にあり、6つのピンがあるとのこと。

 

apple_watch_secret_port_0

MacRumorsの記事によると、今回公開されたプロモ動画の中に、この端子用と思われる穴が開いたケース(本体)が登場するとのこと。

下は加工されたアルミのケースが空中を舞うシーン。

apple_watch_diag_port_comfirmed_1

拡大すると、本来何もないはずの場所に小さな穴が並んでいるのがみえます。

apple_watch_diag_port_comfirmed_3

完成したケースを並べた別のシーン。

apple_watch_diag_port_comfirmed_2

拡大すると、6の穴が並んでいることを確認できます。

apple_watch_diag_port_comfirmed_5

このポートについては、試作品にのみ存在するもの、デバイスの診断用、将来的なアクセサリー用など、諸説があるようです。

可能性は少ないとは思いますが、Lightning端子のようにバンドの中に認証チップが埋め込まれ、MFi認証済みでないバンドを使うと警告が出る、といった仕様でないことを祈るばかりです。

apple_watch_diag_port_comfirmed_6

予約が開始される4月10日には店頭でのデモが始まるので、それまでにはこの謎のポートの正体が明らかになるのではないでしょうか。