アップルが、「Apple Watch」のバッテリー性能について公式に発表。

通常使用で最大18時間持つことが判明しました。

Apple Watchのバッテリーについては、発売前から様々な憶測を呼んでいましたが、アップルが公式サイト上でその詳細を公開しています。

バッテリーの駆動時間は使用方法によって大きく異なることが予想されますが、アップルが想定したテスト条件では「一日中持続」するとのこと。

「一日中持続」とは睡眠時間を除いた18時間を指し、

時刻のチェックを90回、通知を90回、アプリケーションの使用を45分間、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらワークアウトを30分間行う

というテスト結果から導き出されたとしています。

その他の条件での駆動時間は:

  • 連続通話:最大3時間
  • オーディオ再生:最大6.5時間
  • ワークアウト(心拍センサーオン):最大7時間
  • 時計の表示(1時間に4回):最大48時間
  • 省電力モード(時計表示を1時間に4回):最大72時間

となっています。

一方充電時間は、80%までが1.5時間、100%までは2.5時間を要するとのこと。

これらのテスト結果は、おそらく新品のバッテリーを用いた場合と思われ、使用しているうちに徐々に駆動時間が短くなることが予想されます。

Apple Watchは毎晩充電することが必要となり、受電サイクル数の増加も早いため、バッテリー交換サービスの有無、またその価格が気になるところです。

【リンク】Apple Watch – バッテリーに関する一般情報