アップルが、開発向けに「iOS 8.3 beta」をリリースしたと報じられています。

MacRumorsをはじめとする情報サイトによると、米国時間の9日にアップルの開発者向けポータルにて「iOS 8.3」のベータが配信を開始したようです。

記事では、これまでに明らかになった変更点がいくつか紹介されています。

まずは「CarPlay」のワイヤレス対応。

iOSデバイスをケーブルで接続するのではなく、ワイヤレスで使うための設定が追加されるようです。

ios83_beta_released_1

また、絵文字を入力するためのキーボードが変更。

ios83_beta_released_2

さらにGoogleアカウントの2段階認証プロセスに対応。

GmailなどのGoogleのサービスを利用する際に認証コードを入力するだけで済み、「アプリケーション固有のパスワード」が不要になるそうです。

ios83_beta_released_3

また、「iOS 8.3」のリリースノートには、Apple Payの「中国銀聯 (UnionPay)」への対応が記されているとのこと。

Apple Payの開始は、まったく噂が聞こえてこない日本よりも、中国の方が先となるかもしれません。

boa_apple_pay_1

「iOS 8.2」は、4月に出荷が予定されているApple Watchへの対応が中心で、現在beta 5までリリースされています。

よって「iOS 8.3」の一般へ公開はまだまだ先になりそうです。