Apple Watch用のサードパーティ製保護ケースが発売されるようです。

EPIK APPLE WATCH KIT」という名のこのケースは、シカゴに本社を置くLUNATIK社が開発。

同社はiPhone向けの堅牢な保護ケースを販売することで知られるメーカーです。

epik_apple_watch_kit_1

現在はティザーサイトのみで「EPIK」の詳細は不明ですが、Apple Watchの防水・保護性能を高める製品のようです。

画像をみる限り、Apple Watchを金属製のフレームのようなもので覆い、ベルトも専用のものを採用。

フレームの中央に縦線があることから、左右に別れたパーツでApple Watchを横から挟み込む仕組みを採用していると思われます。

epik_apple_watch_kit_2

こちらはInstagramに掲載されたクローズアップ。

LUNATIK社のトレードマークになっている六角のキャップボルトが使われているようです。

View this post on Instagram

#regram via #bossman @mnml1 #LUNATIK #tease

A post shared by LUNATIK (@lunatiklife) on

CEOのティム・クック氏が自らリークしたとされる情報によれば、Apple Watchを着けたままシャワーを浴びても問題ないそうです。

よって防水という観点では、日常生活ではこのようなケースは必要ないかもしれません。

いずれにせよ、Apple Watchをキズから守りたいという需要はありそうなので、iPhoneと同じように多くの保護アクセサリーが登場するかもしれません。

Apple Watchは、3月9日(日本時間翌10日未明)からのスペシャル・イベント「Spring forward.」で、価格・発売日などが発表されるとみられています。