Macの初期モデルを現代に甦らせたら、というコンセプトのCG画像が掲載されていました。

画像はドイツののサイト・CURVEDが、Macintoshの生誕30年を記念して企画したもので、リアルなコンセプトCGで知られるMartin Hajek氏による作品です。

macintosh_2014_4

ハードウェアは、11インチのMacBook Airをベースするという想定で、スタンド部分のカーブにMacintoshのデザインが継承されています。

macintosh_2014_2

後ろからみると、初代のiPadにスタンドを追加したようにも見えます。

デスクトップなので、キーボードとマウスを付属。

macintosh_2014_5

3.5インチのフロッピードライブの代わりに、SDカードスロットを配置しています。

下の画像のように、現在のApple Storeに並んでいても違和感がないかもしれません。

macintosh_2014_6

これらの画像はあくまでコンセプトCGなのですが、製品化されたら迷わず買う、という人が少なくない気がします。

全貌は記事トップの動画からどうぞ。