Ankerから発売されたワイヤレス・スピーカー『A7908 ポータブル Bluetooth 4.0 スピーカー』を購入してみました。

Ankerといえばモバイルバッテリーや充電アダプターが連想されますが、キーボードやiPhoneケースなど、そのラインナップは日々拡大しているようです。

そして先日発売されたのがこのスピーカー。主な特徴は次のとおりです:

  • ワイヤレス(Bluetooth 4.0)対応
  • 最大20時間再生できるバッテリー
  • 小型ながら4Wの高出力
  • スピーカーフォン機能
  • 18ヶ月の長期保証

価格は3,499(税・送料込)という同社らしいお手頃な設定。

anker_bluetooth_speaker_review_1

パッケージの内容は、スピーカー本体・トラベルポーチ・充電用microUSBケーブル・有線接続用3.5mmオーディオケーブル、の4点です。

カラーは写真の「ブラック」の他に「ホワイト」もあります。

anker_bluetooth_speaker_review_2

本体はほぼ立方体で、ドライバーが上を向いているという少し変わったデザインです。

anker_bluetooth_speaker_review_3

側面はマット(艶消し)な加工が施された樹脂製。

全体的に印象としてはチープな感じではありません。

anker_bluetooth_speaker_review_4

サイズ比較のためiPhone 6と並べたところ。

縦横が約8センチで高さが約6センチと、手のひらに載せることができるコンパクトなサイズです。

anker_bluetooth_speaker_review_5

操作用のボタンは前面に縦に並んでいます。

音量の調節・再生/停止は行えますが、曲送り/戻しには対応していません。

anker_bluetooth_speaker_review_6

底面にはラバー製の「脚」があり、音量を上げた際のビビリを防いでくれます。

anker_bluetooth_speaker_review_7

電源スイッチ・有線接続用の入力・充電ポートは側面に配置されています。

anker_bluetooth_speaker_review_8

内蔵リチウムイオンバッテリーの容量は2,100mAh。

5時間の充電で15〜20時間の再生が可能とのこと。

一般的なワイヤレススピーカーは10時間前後のものが多く、バッテリーには余裕があるといえます。

また、接続したiOSデバイスの画面右上に、スピーカーのバッテリーの残量が表示されるので、充電のタイミングを逃す心配もありません。

anker_bluetooth_speaker_review_9

電源を入れるとペアリングモードになり、iOSデバイスからはBluetoothをオンにして「Anker A7908」を選択するだけで接続が完了。

その後は電源を入れるだけで自動で接続されます。

anker_bluetooth_speaker_review_11

オーディオの知識が豊富なわけでないので、音質の詳細な評価は控えますが、このサイズ・価格にしてはかなり頑張っている印象を受けました。

高音・中音・低音のバランスが極端に崩れていることもなく、それなりの音量で鳴らすこともできます。

しかしながら、手元にあるコンパクトなワイヤレススピーカー(15,000〜22,000円)と比較すると、さすがにその差は歴然。

とくにドライバーが1つ(モノラル)のため音に広がりがなく、じっくり音楽を堪能するには力不足な気がしました。

anker_bluetooth_speaker_review_10

音質についてややネガティブな感想を書きましたが、この価格を考えるとむしろ優秀で、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。

とりあえず音を鳴らしたい、電源の無い場所で長時間音楽を楽しみたい、といった場合に使えそうです。