2014年10月8日は、日本全国で「皆既月食」を観測できます。

事前の準備や観測中のお供に、無料で公開されているiPhone向けのアプリ『Moon Book App Store』が便利です。

月が地球の影に完全に隠れる「皆既月食」が、日本全国で観察できるのは、2011年12月10日以来の3年振りとなります。

しかも天気予報によると、10月8日の天気は全国的に晴れとなる模様。

app_edu_moonbook_1

Moon Book App Store』は、月食に特化した無料のアプリで、見える方向や時間の経過による欠け方などを、シミュレートして表示してくれます。

アプリを起動したら、左下の欠けた月のアイコンをタップし、リストから観たい月食(今回は2014/10/08 皆既月食)を選択します。

app_edu_moonbook_2

画面右下の飛行機のアイコンをタップすると、観測地点を指定することができます。

現在地のほか、他の地域を設定することもでき、見え方の違いを確認することも可能。

app_edu_moonbook_4

元の画面に戻ると、星座をバックに月が見える方向が表示されます。

今回は東の空のかなり低いところから始まるため、最初からみたい場合は、東の方向に建物などがない場所を選ぶ必要があります。

app_edu_moonbook_5

画面下のスライダーを左右に動かすと、観たい時刻の空の状態を表示してくれます。

app_edu_moonbook_7

左上の大きな月をタップすると、時間の経過と共に欠けていく様子を確認できます。

皆既食は19:25分頃から約1時間続くようです。

app_edu_moonbook_6

実際の観察中は、設定で「ナイトビジョン」へ切替えておくと、明るい画面で観察を妨げることがありません。

app_edu_moonbook_9

今回の皆既月食は、欠け始めが18時過ぎからで、天候・時間共に観測にはもってこいとなりそうです。

アプリ無料でダウンロードできますので、観察のお供にぜひどうぞ。

Moon Book App Store
教育:14.5 MB
価格:無料
開発:Vixen Co.,Ltd.