Symphonic Audio Technologies社が、スピーカーとアンプを内蔵したiPhone用ケース「Amp」を発表しています。

新しいモデルが出る度に機能・性能が進化し続けているiPhoneですが、ことスピーカーに関してはあまり大きな変化がみられません。

内蔵スピーカーは着信音やちょっとした音の確認には使えますが、じっくりと音楽を聴いたり、迫力あるゲームサウンドを楽しむには、イヤフォンまたは外部スピーカーが必要になってきます。

この問題を解決すべく開発されたのが、スピーカーとアンプを内蔵したこのケース「Amp」です。

メーカーによるプロモ動画がこちら。

外観はバッテリー内蔵ケースのようですが、本体の上下にあるスピーカーグリルの中に、14ミリx20ミリのドライバーユニットを搭載。

amp_iphone_speaker_case_1

ARM Cortex-M4と24-bit DACにより、周囲のノイズ・ユーザーの嗜好に合った音を作り出すとのこと。

amp_iphone_speaker_case_2

車内でのスピーカーフォンなど、内蔵スピーカーでは音量が足りない場面でも問題なく使えるようになります。

また、バッテリーを内蔵しており、iPhoneのバッテリーを消費しないだけでなく、iPhone 5・5sで約25%、iPhone 6で約20%駆動時間を延長してくれるとのこと。

amp_iphone_speaker_case_3

カラーはブラックとホワイトの2色があります。

対応モデルは、iPhone 5・5s、iPhone 6, iPhone 6 Plus、となっています。

amp_iphone_speaker_case_4

価格はUS$129(約14,000円)で、来春の出荷を予定。US$15を追加すると日本へも発送してくれます。

現在、予約注文をすると約半額(US$69=約7,500円)になるキャンペーンを開催していますので、興味がある方はどうぞ。

【リンク】Symphonic Audio Technologies – Amp