ソフトバンクモバイルが、他社からのりかえでiPhoneなどを最大で43,200円で下取りする「のりかえ下取りプログラム」を9月19日(金)から開始します。

このプログラムは、のりかえ(MNP)でソフトバンクの携帯・スマートフォンを購入し、使用している端末を下取りに出した場合、下取り機種に応じて毎月の支払い額から割り引くというものです。

主な機種の下取り価格は次のとおり(価格は税込):

  • iPhone 5s
    • 64GB:43,200円 (1,800円/月)
    • 32GB:41,040円 (1,710円/月)
    • 16GB:38,880円 (1,620円/月)
  • iPhone 5c
    • 32GB:36,720円 (1,530円/月)
    • 16GB:34,560円 (1,440円/月)
  • iPhone 5
    • 64GB:32,400円 (1,350円/月)
    • 32GB:30,240円 (1,260円/月)
    • 16GB:28,080円 (1,170円/月)
  • iPhone 4s
    • 64GB:24,240円 (1,010円/月)
    • 32GB:24,240円 (1,010円/月)
    • 16GB:24,240円 (1,010円/月)

キャンペーンの開催期間は、2014年9月19日から10月31日までとなっています。

このキャンペーンは、ドコモが既に発表している、最大で40,000円で下取りする「iPhone 下取りプログラム」への対抗措置と考えられますが、ドコモは「ドコモポイント」を付与するのに対し、ソフトバンクは毎月の利用料金から割り引くという点が異なるようです。

iPhone 6・6 Plusの発売に合わせて、他社にのりかえ(MNP)を検討していた方にとっては、お得なキャンペーンかもしれません。

*iPhone 6・6 Plusの予約およびその他キャンペーンはオフィシャルサイトでどうぞ。