ソフトバンクモバイルが、新サービス「アメリカ放題」を2014年9月19日(金)から開始すると発表しています。

「アメリカ放題」は、ソフトバンクが買収した米通信会社スプリントのネットワークを利用し、米国滞在中の通話・データ通信・SMS等が、日本国内と同じ料金で利用できるというオプション・サービスです。

利用できる機種は、サービス開始と同日に発売されるiPhone 6およびiPhone 6 Plusの2機種。

利用料金は980円/月で、「スマ放題」データ定額パック・標準(5GB)以上に加入すると無料になります。

softbank_america_hodai_1

通常海外でのスマートフォンの利用は、高額なローミング料金や、それを避けるためのレンタルや現地SIMの調達など、費用と手間がが掛かるのが最大のネック。

このサービスは、アメリカ本土(アラスカなど一部を除く)とハワイに限定されるものの、気兼ねなく通信を利用できるというメリットがあります。

また、サービス開始記念のキャンペーンとして、利用料980円を無料にするとのこと。

米国の通信会社を持つソフトバンクしかできないセールスポイントとして、iPhone 6・6 Plusの販売促進に役立てるのが狙いのようです。

iPhone 6・6 Plusを購入予定で、アメリカ本土・ハワイをよく訪れる方には、朗報といえるのではないでしょうか。

【リンク】ソフトバンク –  iPhone 6・iPhone 6 Plus