MetaMoJi(メタモジ)が、iOS 8向けのキーボード『mazec – 手書き日本語入力ソフト App Store』をリリースしています。

iOS 8では、サードパーティが開発したキーボードをインストールして使える機能が追加されています。

この『mazec App Store』は、MetaMoJiが得意とする日本語を手書きで入力できるキーボードで、標準のキーボードと同じように、システム全体のあらゆる入力シーンで利用できます。

 

iOS 8で他社製キーボードをインストールする方法

iOS 8用のキーボードを利用するには、アプリと同じようにApp Storeからダウンロードした後、設定でそれを有効にする必要があります。

「設定」>「一般」>「キーボード」>「新しいキーボードを追加」

を選択し、他社製キーボードから選びます。

追加されると、キーボードの選択(地球儀のアイコン)で、リストに表示されるようになります。

app_keyboard_mazec_1

 

定評のある認識精度でスラスラ入力

「mazec」の魅力は、かなり乱雑な文字でも読取ってくれる高い認識精度と、漢字とひらがなを混ぜても正しく変換してくれるところにあります。

手書きのスペースに左から文字を書いていき、右の薄いグレーのゾーンに入ると、自動でスクロールしてくれます。

app_keyboard_mazec_2

横画面にすると、より広いスペースで入力できるので便利です(横画面に対応したアプリに限定)。

app_keyboard_mazec_3

iPhoneでの入力に慣れていない、またはフリックが苦手という方にとっては、文字入力のストレスがかなり改善されると思います。

また、タイピングよりも文字を書いた方が思考が活性化する、という人にもお勧めです。

mazec – 手書き日本語入力ソフト App Store
ユーティリティ:28.6 MB
価格:¥900 (リリース記念で9月30日まで¥700)
開発:MetaMoJi Corporation