Apple Store Onlineで予約していたiPhone 6が届いたので開封してみました。

上がiPhone 6、下がiPhone 6 Plusのパッケージ。

ともにパッケージからiPhoneの写真がなくなり、これ以上ないほどシンプルなデザインになっています。

iphone6_review_01

iPhone 6は、シルバーの64GBを選択しました。

このエントリーではiPhone 6についてのみ扱い、iPhone 6 Plusは別途お届けしたいと思います。

iphone6_review_02

パッケージを開けて、ラッピングされた本体とご対面。

ぱっと見では、現在使用しているiPhone 5sとあまり変わらない印象です。

iphone6_review_03

付属品はおそらく先代のiPhoneと全く同じ。

iphone6_review_13

USB-ACアダプタは1.0A仕様で、これも今までのiPhoneと変わらないようです。

iphone6_review_14

噂のとおり、カメラのレンズ部分は突出しています。

結構な出っ張りなので、触ると指に引っ掛かる感じがします。

また、出っ張りが角にあるので、テーブルなど平ら面に置くと、画面操作をしているうちにカタカタと動いて安定しません。

保護ケースに入れれば軽減されそうですが少し気になるところです。

iphone6_review_04

本体左側のサウンド・スイッチとボリューム・ボタン。

この辺りの仕上がりは、ただ「美しい」のひとこと。

iphone6_review_05

スリープ・電源のボタンは、本体の右側に移動。

慣れは必要ですが、これまでより確実に押せる位置だと思います。

iphone6_review_06

本体下の部分。

個人的には、iPhone 5/5sのスピーカー・マイクのデザインが好きだったのですが、これはこれで美しいのでしょう。

iphone6_review_07

事前の情報では、第5世代のiPod touchに似ていると言われていました。

実際に重ねてみると、たしかによく似ています。

iphone6_review_17

改めてカメラの周辺をみると、フラッシュが上下で2色に別れており、「True Tone」に対応していることがわかります。

俗に「Dライン」と呼ばれている樹脂製のラインは、かなり精巧につくられていて、アルミのパーツとの段差がほとんど感じられません。

iphone6_review_08

電源を入れてみました。

ここではじめて、画面の大きさに気がつきます。

iphone6_review_10

セットアップを始めると、SIMカードが無いとアクティベートできないとの警告が。

iphone6_review_11

iPhone 5sで使用しているSIMを入れて、無事設定を完了しました。

iphone6_review_12

スペックによると、ディスプレイはサイズだけでなく、コントラスト比や視野角が向上しています。

実物をみると、スペック云々は抜きにして、より美しくなっていることを実感できます。

iphone6_review_15

iPhone 5sとならべてみました。

こうしてみると、やはり結構大きさが違うようにみえませす。

iphone6_review_16

その一方で、モックアップに触れていたこともあり、持っていてあまり違和感を感じませんでした。

iphone6_review_09

開封後1時間弱しか使っていませんが、大きさに慣れてしまい、iPhone 5sに戻ると「小さい」と感じてしまうから不思議です。

iPhone 4sから5へ移行した時のように、すぐにこれが当たり前になる気がしました(6 Plusはきっとまた別ですが)。

* iPhone 6、iPhone 6 Plusの購入は各オフィシャルサイトサイトでどうぞ。