Macお宝鑑定団Blogが、iPhone 6・6 Plusで行ったベンチマーク・テストの結果を公開しています。

テストの結果によると、iPhone 6およびiPhone 6 Plusのプロセッサ(Apple A8)は、

  • RAM 1GB
  • L1 Cache  64KB
  • L2 Cache 1MB

という共通の仕様ながら、なぜかクロックのみ、

  • iPhone 6:1.39GHz
  • iPhone 6 Plus:1.32GHz

と、微妙に違うことが判明したようです。

この違いは、プロセッサの処理能力を計測するベンチマークテストの結果にも表れています。

iphone6_bench_revealed_3

ともに、約10%程度iPhone 6の方が高いスコアを出しています。

アップルがなぜこのような微妙な差をつけたのかは不明ですが、バッテリーの性能などを考慮してチューニングをした結果なのかもしれません。

一方、グラフィックスのベンチマークでは、逆にiPhone 6 Plusの方がよいスコアを出しているようで、グラフィックス周りは別仕様となっていることも考えられます。

サイズ・機能・価格などから、6 Plusの方が「上位モデル」という印象を受けますが、プロセッサの性能においては必ずしもそうではないようです。

*iPhone 6・6 Plusの予約およびその他キャンペーンはオフィシャルサイトでどうぞ。