iPhone 6・6 Plusの新しい機能「240fpsスローモーション撮影」を試してみました。

スローモーション撮影は、通常よりも高いフレームレートで撮影することで、スロー再生時に早い動きでも滑らかに観ることができる機能です。

いくつかサンプルを撮影してみたので、ページ上の動画をご覧ください

この機能はiPhone 5sにも搭載されていましたが、iPhone 6・6 Plusではフレームレートを従来の2倍の240fps(フレーム/秒)に引き上げ、より素早い動きを捉えることができます。

240fpsというフレームレートは、アクションカメラ「Go Pro」でも使われており、スポーツなどの撮影に適しています。

iphone6_240fps_slomo_tests_2

撮影をするには、カメラのモードをスライドして「スローモーション」に設定。

フレームレートのデフォルトは240fpsで、表示をタップすると120fpsに切替えることができます。

動きの早いものや撮影時間の短いものは240fpsで、逆に遅い・長いものは120fps、というように使い分けることが可能。

iphone6_240fps_slomo_tests_1

撮影したスローモーション動画は、スライダーでスローモーション再生したい部分を選択できます。不要な部分はトリミングが可能。

身近なものでも、スローモーション撮影で写すと、また違った印象になったりします。

iPhone 6・6 Plusユーザーの方は、試してみてはいかがでしょうか。

* iPhone 6、iPhone 6 Plusの購入は各公式サイトでどうぞ。