アップルが、iPhoneの新モデル「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表しました。

iPhone 6は4.7インチ、iPhone 6 Plus は5.5インチのディスプレイを搭載。

大型化に伴い、ディスプレイは解像度を増加させた「Retina HD」となり、iPhone 6は1,334 x 750 (326ppi)、iPhone 6 Plusは1920 x 1080 (401ppi)となっています。

apple_iphone6_plus_announce_1

解像度が変更されているものの、既存のアプリもそのまま動くとのこと。

iPhone Plusは、高解像度をフルに活用すべく、これまでiPadのみに搭載されていたランドスケープ・ビュー(横向き)にも対応。

apple_iphone6_plus_announce_3

iPhone 6および6 Plusは、iPhone史上最も薄い筐体を実現。

サイズが大きくなっている分、実物は数字以上に薄く感じられるはずです。

apple_iphone6_plus_announce_2

iPhone 6と6 Plusは、新開発の「Apple A8」チップを搭載。

20nmプロセスで製造され、A7チップよりも13%の小型化に成功しているとのこと。

また電力消費が少なく、ゲームなどによる高負荷下でも、パフォーマンスの低下が起きにくいそうです。

A7に比べ、CPUの性能は最大で25%向上し、グラフィックスは最大50%向上。

グラフィックス性能は、初代iPhoneの実に84倍にも達するとされています。

apple_iphone6_plus_announce_4

また、新しいモーション・コプロセッサー「M8」を搭載し、iOS 8の「Health app」でアクティビティをトラックすることが可能。

新たに「気圧センサー」を内蔵し、階段などでの上下運動をより正確に計測できるようになります。

apple_iphone6_plus_announce_5

iPhone 6・6 Pllusはより多くのLTEバンドに対応。

「Voice Over LTE」「Wi-Fi calling」、現在よりも3倍速い「802.11ac」のWi-Fiにも対応しています。

また、NFCに対応、アップルが新しく提唱する決済システム「Apple Pay」に利用されるとのこと。

apple_iphone6_plus_announce_6

iSIghtカメラは、8Mピクセルのセンサー、F2.2のレンズを採用。

iPhone 6 Plusのみの機能として、光学手ブレ補正が搭載されます。

apple_iphone6_plus_announce_7

カラーバリエーションは、これまで通りシルバー・ゴールド・スペースグレイの3色。

シリコン製、レザー製のアップル純正ケースも用意されます。

apple_iphone6_plus_announce_8

容量により3つのモデルがありますが、これまでとは異なり、32GBが消え、変わりに128GBが追加。

16、64、128、という変則的なラインナップになっています。

Apple Storeでの販売されるSIMフリー版の価格は次のとおり(税別):

  • iPhone 6
    • 16GB:69,800円
    • 64GB:79,800円
    • 128GB:89,800円
  • iPhone 6 Plus
    • 16GB:79,800円
    • 64GB:89,800円
    • 128GB:99,800円

apple_iphone6_plus_announce_9

まずは日本を含む世界9カ国で発売され、順次拡大していく模様。

2014年9月12日(金)から予約注文を開始し、9月17日(金)午前8時より発売される予定となっています。

apple_iphone6_plus_announce_10

予約・購入の方法・料金プランなどは、各オフィシャルサイトでご確認ください。

【オフィシャルサイト】