iPhone 6 (仮称)では、画面サイズが5.5インチのモデルのみ、光学式の手振れ補正が新たに追加されるとの情報が掲載されています。

iPhone 6のカメラには、以前からInvenSense社による光学手振れ補正機能が採用されると噂されてきましたが、最新の情報では5.5インチモデルのみとなるとのこと。

Pacific Crest Securitiesのアナリストは、手振れ補正機能はUS$4〜5のコストが掛ることから、4.7インチモデルと5.5インチモデルの差別化になる、と予想しているようです。

iphone6_ois_rumor_1

手振れ補正は、本体が軽く手持ちでの撮影が多いスマートフォンこそ必要な機能なので、4.7インチのモデルにも追加してほしいところです。

アップルは、iPhone 3G以降の全てのモデルチェンジで、段階的にカメラの改良を行っています。

iPhone 6では、この光学式手振れ補正が目玉のひとつとなるかもしれません。